ホーム 製品プラスチック リサイクル ライン

耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械

認証
中国 Zhangjiagang Langbo Machinery Co. Ltd. 認証
中国 Zhangjiagang Langbo Machinery Co. Ltd. 認証
オンラインです

耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械

耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械
耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械 耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械 耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械 耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械

大画像 :  耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械

商品の詳細:
起源の場所: Zhangjiagang
ブランド名: LB
証明: CE, ISO
モデル番号: LB-300
お支払配送条件:
最小注文数量: 1 セット
価格: USD, EUR
パッケージの詳細: 標準パッケージ
受渡し時間: 60 営業日
支払条件: L / C、T / T
供給の能力: 毎月10セット

耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械

説明
原料: 堅いPP/PE及びフィルムの無駄 容量: 500kg/h
操作: 自動 総力: 105kw
洗浄の方法: 冷水 乾燥水: 遠心分離機
ハイライト:

プラスチック再処理機械

,

プラスチック リサイクル植物の機械類

別の生産能力の押しつぶし、洗浄し、そして乾燥ラインPP/PE

 

部品および特徴:

 

別の生産能力の押しつぶし、洗浄し、そして乾燥ラインPP/PEは汚染物からプラスチックを分けるために使用されます。洗浄ラインの効率は直接操作粒状になるラインに影響を与えます。有効な洗浄ライン微粒の増加の質およびラインを粒状にする容量。洗浄ラインは順序でコンベヤー、造粒機、罪浮遊物タンク、横の遠心分離機、フィルムの排水機械および縦の遠心分離機から成っています。

堅いおよびフィルム洗浄ラインはポリエチレン(LLDPE、LDPEのHDPE)およびポリプロピレン(PP)のスクラップのリサイクルするために堅いまたはフィルムの形態でプラスチック使用されます。スクラップのプラスチックの変化はフィルムおよび堅い形態のリサイクルの能力とラインで最大になります1つ同じライン リサイクルされ。

 

プラスチック リサイクルはプラスチック無駄から再使用可能なプラスチック原料を作ることの処理です。プロセスは混合されたプラスチックの分類から始まります。きれいなプラスチックは押しつぶされ、粒状になっています。ごみ処理から来る無駄にされたプラスチックはラインを粒状にする前に押しつぶされ、洗浄され、乾燥するべきです。

 

無駄にされたPPのための完全な押しつぶし、洗浄し、そして乾燥ライン、PEはから成っています:

  • ベルト・コンベヤー
  • 横の遠心分離機:それは高い遠心分離機との最高のクリーニングに応用できます。
  • ねじコンベヤー
  • プラスチック洗浄の単位の流し(浮遊物タンク)
  • フィルムの排水機械

完全な洗浄ラインの処理のプロシージャはから成っています:

–押しつぶし-冷たい水の遠心乾燥が付いている熱い水の浮遊洗濯機が付いている冷たい水の動揺の洗濯機が付いている浮遊洗濯機を運び/乾燥を絞ります–コレクション。

  • 無駄にされたプラスチックはサイロに押しつぶされ、洗浄され、乾燥し、集めることができます。
  • 高性能および性能。
  • より少ないパワー消費量およびオペレータ出席。

適用:

  • 適当な材料:PP、HDPE、LDPE、LLDPE、等…
  • 材料の形:編まれた袋、プリント用フィルム、農業のフィルム、raffiaおよび堅いスクラップ。

生産能力:

  • 生産能力は300kg/hr、500kg/hr、1000kg/hr.である場合もあります。
  • 注:物質的な形によって、完全なラインにかかわったある単位は変えられ、利用できます。耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械 0
  • 耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械 1

耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械 2

耐久のプラスチック不用なリサイクル機械、自動プラスチック再処理機械 3

 

連絡先の詳細
Zhangjiagang Langbo Machinery Co. Ltd.

コンタクトパーソン: YIN

電話番号: +86 139 2198 6345 / +86 139 2197 4941

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)